• 脱毛サロンの脱毛方法

    脱毛サロンでは光を当てるだけで簡単に脱毛できます。

    施術日にはあらかじめ自分でムダ毛を剃ってから施術にのぞむというのはどのサロンでも同じです。

    ただ、使っている光は実は一種類だけではないことをご存知でしたか。

    一般的な脱毛サロンでは光脱毛という方法でお手入れを進めます。これは黒い色に選択的に反応して熱ダメージを与える種類の光を利用した方法です。黒色の肌内部の毛母細胞に選択的にダメージを与えて脱毛します。

    この方法、カミソリや毛抜きに比べれば肌への負担は少ないですが、簡単に言うと毛を焼いて処理するので肌は乾燥という負担を受けるわけです。
    また、黒い色に反応するので毛母細胞だけでなく、ほくろやシミなどにも反応してやけどをするおそれがあります。


    該当部分を覆って照射するのが一般的ですが、ほくろやシミが皮膚全体にある場合は照射が難しいという問題もありました。
    光を使わない脱毛方法として、針脱毛があります。

    こちらを扱う脱毛サロンは少ないですが、探せばまだまだあるようです。毛穴一つ一つに針を刺して電気を流して毛を処理するので、その場で毛がなくなります。

    昔ながらの方法ですが、時間がかかること、施術者の腕によって仕上がりに大きな差が出ること、費用がかさむことなどがネックです。光を使った脱毛でも、生えている毛の毛母細胞を焼くのではなく、これから生えてくる毛の種をほんのり温かい熱で処理する方法も登場し、肌への負担が少ないと人気があります。子供でもできるくらい優しい光なので、回数が必要ですが、肌の弱い方や顔脱毛に適しています。